トラックの輸出

日本国内における中古トラックの需要は、年々高まる一方で、国内より海外でより高い傾向にあります。

従って、トラック買取業者は査定額を多少高くしてでも、輸出に注力しているのです。
国内では買取業者が飽和状態で、競争が激化して生き残りが厳しくなっております。

国内の中古車販売業者のトラックと輸出用のトラックでは、そのパフォーマンスに大きな違いがあります。
なざなら、誰が見ても、廃車にしてもおかしくないようなトラックも海外では重宝されるためです。

ですから、一般的には廃車するしかないようなトラック査定額が意外に高いのかもしれません。
多くの人は自分立場から物事を見ることが多いですが、客観的に見た場合、人が要らなくなったものでも、利用価値がある場合も少なくないのです。

トラックの輸出はそれに当てはまるのでしょう。
国内で、公道を走る為には、1年~2年に一度、車検を受けなければなりません。
車検をパスする為には不良部分を修理する必要があります。

海外に輸出するトラックにはそのような制限はなく、トラックの輸出が自由にできるのです。
さらに、トラックは、部品を再利用することもあります。

国内ではリサイクル法が制定され、廃車の手続きが厳しくなりました。
このプロセスを経なければ廃車にできません。
不法投棄を抑制し、リサイクルを促進する目的があるためです。

海外に輸出されたトラックは、地元の人々の交通手段、または、運搬手段として役に立っています。

トラックは、メーカーによって人気が異なりますが、日本製は性能がよく、故障も少ないので、途上国などではとても人気が高いのです。

ハウツー・豆知識